無印良品初が多数!食と地域密着に力を入れた、「MUJIcom東池袋」徹底レポ【インタビューあり】

7 min
しなもん

しなもん

豊島区在住歴10年以上、2児のワーママしなもんです!

池袋の無印良品は、池袋駅直結店舗しかなくお弁当やカフェなどが利用できる店舗がありませんでした。
が、2022年1月14日に駅から少し離れた場所に、新店舗である「MUJIcom東池袋」がオープンしました!

こちらの店舗は、地域密着と食に力を入れており無印良品初である「MUJI kitchen」もスタート。こだわりの、お惣菜やお弁当など魅力盛りだくさんとなっています。

本記事では、食と地域密着に力を入れた「MUJIcom東池袋」を徹底徹底取材してきたので紹介していきます。

しなもん

しなもん

オープン前の内覧会に行ってきたよ〜!

株式会社良品計画の、広報課の劉さんと食品部の松木さんにお話を聞きながら、回ってきました!

MUJIcom東池袋って?

MUJIcom(ムジコム)東池袋は、2021年1月14日にオープンしたMUJIcomの新店舗になります。

場所は、サンシャインシティの目の前にある無印良品の本社、株式会社良品計画の1Fに入りました。こちらの店舗は、食を中心とした地域密着型の小型店舗となっています。

無印良品で初の中食サービス「MUJI Kitchen」と、地域につながる地域スペースが用意されています。

MUJIcomってどんな店?

「MUJIcomってそもそも何?」と思われる方もいると思いますが、MUJIcomは駅直結など帰り道などにさっと寄れる、生活品をそろえた小型店舗になります。アクセスや手軽さに重視しているので、小型店舗のお店が多いです。

無印良品の店舗種類はこんなにある
  • 無印良品
  • MUJI com
  • MUJI
  • MUJI to GO
  • Found MUJI
  • Cafe&Meal MUJI
  • comKIOSK

なぜ本社の1Fに店舗を作ったのか聞いてみた

しなもん

しなもん

なぜ、本社の1FにMUJIcomを作ろうと思ったんですか?以前は、広いスペースでしたよね?

劉さん

劉さん

実は今回、地域密着もコンセプトに含まれており、生活圏への出店を目指していました。

しなもん

しなもん

なるほど!東池袋は、高層マンションラッシュですし確かに生活圏のど真ん中と言えますね。

劉さん

劉さん

はい、ちょうどハンズさんも閉店となり不便になったという声もあがっていたのと、色々模索した結果、本社1Fがちょうどいい場所と広さだったのでここになりました。

しなもん

しなもん

確かに、ここにできた事でかなり便利になりそうです!いや、確実になります!!

劉さん

劉さん

ありがとうございます。今後も近隣の方のお声を聞きながらよりよいお店にしていきます。

気になっていた、悩みがスッキリしたところでMUJIcom東池袋のポイントを根掘り葉掘り調査してきたので、次でみていきましょう!

MUJIcom東池袋店7つの注目ポイント!

実は、MUJIcom東池袋では注目ポイントが目白押し。

こちらができる前までは、西武池袋とルミネ池袋に入っている無印良品が2店舗ありましたが、手作りの飲食系はありませんでした。

が、MUJIcom東池袋は食にかなり力を入れている店舗。個人的、注目ポイントを7つにわけてご紹介!

無印良品初の試み多数!東池袋店がすごい

しなもん

しなもん

こちらの店舗で初の試みとなるMUJI Kitchenですが、その他に初の試みはありますか?

劉さん

劉さん

はい、あります!MUJI Kitchenをはじめ、レトルトバー、卵の販売、商品受取ロッカーでの冷凍ロッカーなどが初の試みとなります。

MUJIcom東池袋では、無印良品さんで初の試みが多く、小型店舗ながら今もっとも注目されている店舗になります。

次で、注目ポイントを一つづつ紹介していきます!

注目ポイント①東池袋が初!中食サービス「MUJI kitchen」

MUJIcom東池袋の目玉と言える中食サービス「MUJI kitchen」。

しなもん

しなもん

「中食」とは、調理されたものをテイクアウトや配達してもらって、家庭で食べる食事形態のこと!

美味しそうなお惣菜がずらりとならんでいます。こちらのお惣菜は、量り売りとなっており好きな分量で購入可能です。食べる人数分の量を買えるのは非常に助かります!

今日は手を抜きたいけど、「スーパーのお惣菜は油物多くて嫌だし、デパ地下行くのも面倒・・・」って方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

しなもん

しなもん

どうですか、ここがデパ地下に見えてきたでしょう。

注目ポイント②大人気のワンコイン弁当

しなもん

しなもん

松木さん!お弁当のこと詳しく教えてください!

松木さん

松木さん

はい!お弁当は日替わりで、海苔弁・混ぜごはんの2種類販売しており、化学調味料不使用で素材の味を最大限楽しんでいただけるように仕上げました。

月/金海苔弁(鮭)
混ぜごはん(鶏の照り焼き)
火/土海苔弁(鶏のスイートチリ炒め)
混ぜごはん(サバ)
水/日海苔弁(しょうが焼き)
混ぜごはん(鱈の煮つけ)
海苔弁(すき焼き)
混ぜごはん(ハンバーグ)
販売予定表
しなもん

しなもん

曜日が固定になっているんですね。

松木さん

松木さん

スタートアップはこのローテーションで考えていますが、固定にすると決まった曜日にしか来れないお客様もいるので、後々変更する予定です。

しなもん

しなもん

それは嬉しい情報ですね!ちなみ、お弁当販売はお昼だけでしょうか?

松木さん

松木さん

はい、12時〜13時の間の製造が最後になりますのでそれが完売し次第終了となります。朝から最後の製造までで、だいたい100〜120個ぐらい作ります。

しなもん

しなもん

ということは、夕飯にお弁当は無理ですね・・・。

松木さん

松木さん

そのためのDELIです!お昼はお弁当、夜はDELIを買ってご自宅で食べてもらうという流れになります。

しなもん

しなもん

なるほど!!そこまで考えられていたとは・・・!お弁当の魅力も教えてください!

松木さん

松木さん

素材にこだわり、揚げ物を入れないようにしています。あとは、家庭の味と言いますか、食べて「ホッ」として頂けるお弁当を考えました。

松木さん

松木さん

値段もワンコインの500円にしてますが、やはりスーパーの値段には勝てないので味で勝負しています。

しなもん

しなもん

おぉ〜!個人的にスーパーのお弁当は揚げ物が多いので、健康にも気を使ったお弁当の方が子供に食べさせたいです!

こだわって作られている日替わり弁当は、販売後すぐ品切れになる人気商品です。
味も健康面もさらにワンコインで買えるお得なお弁当ですが、さらにお得に買える方法があります

日替り弁当 回数券(5回分):2300円200円得
※ネット販売のみ

注目ポイント③レトルト全種類食べれるレトルトバー

しなもん

しなもん

レトルトバー??なんですか、これ??

劉さん

劉さん

無印良品のカレーやご飯にかけるシリーズのレトルト全50種類が、暖かい状態で楽しめます

しなもん

しなもん

えーー!すごいですね!!家でご飯炊く必要も、温める必要もないしお手軽すぎます!これもって、公園で食べたいです。

どれにするか悩む・・・

レトルトのお値段にたった、180円追加するだけで暖かいご飯にカレーなどをかけてくれるシステムになっています。メニューには、辛さ度も乗っているのでお好みのものを楽しみましょう!

ご飯の量は180gとなっておりなんと大盛り無料の大サービス!!ちなみに、「てんたかく」というお米を使用しており、こちらのお米もMUJIcomで購入可能です。

しなもん

しなもん

一番人気は、断トツでバターチキンカレーとのことでした!

注目ポイント④地域密着コーナー

つながる屋台

MUJIcom池袋は、地域密着もコンセプトの一つ!池袋の昔からお店の商品や、今人気のお店の商品なども取り扱っています。こちらは、1ヶ月周期で変更になるとのことでした。

今後、入る予定のお店も伺えましたが、お楽しみのために伏せておきます。

もしかしたら、あなたのお気に入りのお店も入るかも!?

コーヒーで人と繋がる

こちらには、オーガニックのコーヒーマシンがおかれていました。100円で、コーヒーやデカフェ、カフェオレを楽しむことが可能です。

他にも、「つながるコーヒー」というサービスがあります。こちらは、レジでコーヒーチケット(50円)を購入しメッセージと共にボードに貼っておくと、ここをみた人に無料でコーヒーをプレゼントできる仕組みです。

しなもん

しなもん

心があったかくなるサービスだね〜!

地域密着サービス一覧
  • IKEBUKURO to GO マップ
    (近隣のおすすめスポット紹介)
  • つながる掲示板
    (豊島区情報板)
  • つながる屋台
    (月替わりの池袋に根付いたお店の商品が並ぶ)
  • つながるコーヒー
    (掲示板をみた人にコーヒーをプレゼントできる)

注目ポイント⑤無印良品の冷凍食品が全種類

しなもん

しなもん

冷凍食品の数がすごいですねーー!

劉さん

劉さん

こちらの店舗では、無印良品の冷凍食品が全種類購入可能です!

しなもん

しなもん

全種類!?小型店なのに、ここまでのスペースをとるなんて食に力を入れている証ですね。

劉さん

劉さん

ありがとうございます。先行販売のたまご巻きとうなぎ巻きも、販売してますよ〜!キンパの兄弟ができました。

レジにて、無料の保冷剤と保冷バッグが50円で用意されています。

今は、ここでしか買えないこちらの新商品もぜひお試しください!

たまご巻き:490円
うなぎ巻き:590円

注目ポイント⑥こだわりの青果や乳製品などの食品多数!さらに卵も!?

まるで、スーパー。ここだけ見ると、無印良品の店舗だとは誰も思いません。
こちらの商品は、無印良品の食品部の方達を筆頭にこだわって選ばれた商品が並んでいます。

放し飼い卵

MUJIcom東池袋では、無印良品初となる生卵の販売も行っています。1個50円とお高めではありますが、最高級の味が楽しめます。

最高の卵といえば、やはり卵かけご飯!こちらでは、卵かけご飯用のカツオ節(450円)とだし醤油(450円)も購入できます。

しなもん

しなもん

セットで購入して、至福のひと時を!

注目ポイント⑦お米の量り売り

なんと、お米の量り売りもありました。販売されているお米は、6種類。

  • てんたかく(富山)
  • いすみ米コシヒカリ(千葉)
  • ミルキークイーン玄米(山形)
  • ミルキークイーン(山形)
  • もち黒米(福岡)
  • 十五穀米(国産)
しなもん

しなもん

なんでお米の量り売りがあるんですか?

松木さん

松木さん

お米ってどうしても、大量に買うので最後の方になるとお米が劣化します。なので、美味しいお米を必要な分だけ買っていただこうと思いました。

しなもん

しなもん

なるほど!便利ですね。私も、実家からお米が届く前になくなって「今日のお米だけ欲しい」って時があるので、買いにきます!

松木さん

松木さん

なるほど(笑)そういった使い方もできますね。ちなみに、お弁当やレトルトバーのお米は「てんたかく」を使用しています。

MUJIcomで何が購入できる?

MUJIcom東池袋では「食」がメインになっているので、無印良品のように雑貨やアパレル、家具などが大量にある店舗ではありません。必要最低限の生活に必要とされる、厳選商品が揃っています。

紳士インナーウェア紳士ホームウェア婦人インナーウェア
婦人ホームウェア紳士靴下婦人靴下
マイバックキッチン用品・食器メイクアップ・スキンケア
タオルファイル・デスクトップ用品文房具
掃除・洗濯用品レトルト・調味料菓子
インスタント・茶葉飲料冷凍食品
チルドスイーツ
販売商品

MUJIcom東池袋の中の様子

それでは、さっそくお待ちかね店舗の様子を見ていきましょう!

外観

「本当に小型店舗・・・?」と思わせる、立派な入り口。ナチュラルテイストでとってもおしゃれです。

入口には、りんごやお花の販売もありました。

商品受け取りロッカー

ネットで購入した商品がこちらのロッカーで受け取ることができます。ちなみに、冷凍食品が受け取れるのはここの店舗のみ

お弁当やDELI、ナマモノなどの受け取りはできません。

内観

広々店内

一応小型店舗の扱いとなっていますが、真ん中の動線が広く狭っ苦しく感じません。
このぐらい広いと、子連れ・ベビーカーでもゆったりみて回れます。

青果コーナー

入って右手には、青果コーナー・卵の販売・お米の量り売りや乳製品、大豆製品のスペースになっていました。

大人気の、バター香る食パンの販売もあります。品切れ注意の人気商品になりますので、見つけたらぜひお試しください。

イートインコーナーも

窓側には、6席のイートインスペースがあります(電源とUSB充電があり)。MUJIcom東池袋は、中食(調理済みのものを家で食べてもらう)に力を入れているので、あまり席数はありません。

しなもん

しなもん

電子レンジも2台あったよ〜!

入口左手には、地域密着コーナーが広がっています。つながる屋台やコーヒー販売、無料の給水器が設置。

無料給水器は、マイボトルや店舗で売っているボトルを使用してお水ももらうことが可能です。

給水ボトルは目の前に販売あり。
お弁当と一緒に給水して行こう!

少し進むと、無印良品初の試みである「MUJI kitchen」があります。美味しそうな量り売りDELIとレトルトバーはこちらで、購入できます。

「MUJI kitchen」の前には、エコバッグや保冷バッグのコーナー。こちらの裏手が、レジコーナーになります。

さらに進むと、やっとみなさんが良く目にする無印良品ではないでしょうか?
おなじみの人気商品がずらりと並んでいます。

しなもん

しなもん

全然小型店舗に感じない、広々店舗でした!!

「これだけ広いなら、生活雑貨や洋服系も多いんじゃ?」と、思いますがそれ系は3列と奥のちょっとしたスペースのみになります。これ以外は、全てお菓子やレトルトなどの食品系になります。

最奥から見るとこんな感じ

小型店舗とは思えない、広さ(401m2)と店舗の作りになっていました!
8割方、「食」の商品となりますが、今まで私たちが体験したことのない全く新しい無印良品と言っても過言ではありません。

MUJIcom東池袋ができたことで、豊かな食生活はもちろん地域の方との交流や池袋のお店の新発見などの場にも使用できます。

MUJIcom東池袋へのアクセス

MUJIcom東池袋の最寄りは、地下鉄有楽町線東池袋駅6・7番出口より徒歩3分です。池袋駅からは、少し距離がありますがサンシャインシティに来るついでに立ち寄るのもおすすめです。

アクセス
  • 有楽町線東池袋駅6・7番出口より徒歩3分
  • 池袋駅東口より徒歩15分

MUJIcom東池袋詳細

店名MUJIcom東池袋
住所東京都豊島区東池袋4ー26-3
電話番号03-6907-0391
アクセス池袋駅より徒歩15分
有楽町線東池袋駅6・7番出口より徒歩3分
営業時間平日8:00~20:00/土日11:00~18:00
定休日無し
駐車場なし(最寄りはサンシャインシティ駐車場)
HPhttps://shop.muji.com/jp/higashi-ikebukuro/

MUJIcom東池袋により、生活がより便利に楽しくなること間違いなし!

以上、
無印良品初が多数!食と地域密着に力を入れた、「MUJIcom東池袋」徹底レポでした。

ますます、わたしたちの生活が豊かになる店舗がオープンとなり、連日大賑わいの店舗となっております。
ここでしか、体験できないサービス盛りだくさんとなっているので、ぜひ近くに来られる時は立ち寄ってみてくださいね。

しなもん

しなもん

やっぱり、無印良品大好きダァあああああ!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。