【ナンジャタウン】猫のふれあいパーク「ニャンジャタウン」レポ。料金とおすすめ時間も紹介!

4 min
しなもん

しなもん

豊島区在住歴10年以上、2児のワーママしなもんです!

猫と言えば、もふもふの気持ちいい毛並みと、まぁるいフォルム。ツンツンする割りに、急にデレてくる尊い存在。家では飼えないけど、猫ちゃんと触れ合いたい方も多いですよね。

実は池袋、上野・新宿同様に都内屈指の猫カフェ天国の街なんです。

そんな池袋に、2021年10月1日に新たな猫のふれあいパークがオープンしました!

本記事では、ニャンジャタウンの施設案内、料金やおすすめの時間帯を紹介していきます

ニャンジャタウンについて

ニャンジャタウン 

ニャンジャタウンとは、2021年10月1日にナンジャタウン内にオープンした猫のふれあいパークになります。

友人

友人

ふれあいパーク?猫カフェじゃないの?

しなもん

しなもん

他の猫カフェと違って、飲み物の提供がないから猫カフェではないよ!

実は、こちらにいる猫ちゃん達は池袋の東急ハンズに入っていた、「ねこぶくろ」の猫ちゃんたちになります。東急ハンズの閉店が決まり、猫ちゃんたちのお引っ越し先を探している時にナンジャタウンからお声がかかったそうです。

しなもん

しなもん

ちなみに、ナンジャタウンのメインキャラクターである「ナジャヴ」も猫だよ〜。

ニャンジャタウンの様子

それでは、さっそくニャンジャタウンの様子を見ていきましょう!

外観

ナンジャタウン 入り口

ニャンジャタウンは、ナンジャタウンの中にあるのでまずはナンジャタウンに入場!

ニャンジャタウン 入口
可愛らしい丸いゲートが目印

ナンジャタウンに入場し左に進むと、アーチ型のニャンジャタウン入口があります。
(3Fへ行くエスカレーター横)

ニャンジャタウン 階段
右を見ると店内の様子が見えます

ゲートをくぐると階段があり、ここを降るとお店の入り口になります。

3階Hugood!(ハグッド) からも、階段でニャンジャタウンに行けます。

ニャンジャタウン 猫 種類

階段には、ニャンジャタウンに住む猫ちゃん達の紹介がありました。
この日お店に出ている、猫ちゃん達ではないので注意

店舗前には、アルコールとコロコロが設置されていました。手を洗うところはないので、猫ちゃんを触って手を洗いたい方はナンジャタウン内のお手洗いを利用しましょう。

店内に荷物置き等は無いので、大きい荷物は事前に店舗前に設置されているコインロッカーへ入れることが可能です。

ニャンジャタウン ゲート
一人ずつ入場

扉は、鍵が2つついた扉が2つあり、猫ちゃん達が飛び出していかないように設計されていました。

さて、いよいよ気になる店舗内を見てみましょう!

内観

ニャンジャタウン 内観
縦長の店内

中は、白を貴重とした宮殿をイメージさせる内装になっていました。
キャットタワーは6つ設置されており、いつも猫達が自分の好きな場所で遊んだりお昼寝をしたりしています。

店内が細長い作りになっているので、狭く感じるかもしれませんが奥行きがあるので窮屈といった感じはありません。

ニャンジャタウン 内観2
反対側

ソファーも設置されているので、座って楽しむこともできます。
が、皆さん猫ちゃんに夢中で基本的には立ってることが多かったです。

ニャンジャタウン キャットタワー
子連れもOK

大人だけではなく、お子様連れも楽しむことができます。
12歳以下のお子様の場合は、猫ちゃんを抱き上げたり・ひっぱったりしないように保護者の方が一緒に行動しましょう。

ニャンジャタウン キャットタワー2

キャットタワーには、猫ちゃん達がお昼寝できるスペースが2個ずつあるのですが、このクリアな寝床が最高です。下から、猫ちゃんの肉球や毛並みを楽しむことができます!

しなもん

しなもん

まぁるいフォルムがたまんないね!

店内には、猫ちゃんのトイレが2箇所ありますがプラズマクラスターが設置されているので、全く臭くありませんでした!

しなもん

しなもん

続いて、猫ちゃん達の様子を見てみよう!

ニャンジャリアンギャラリー

ニャンジャタウンに住んでいる、ニャンジャリアン達の普段の様子を撮影してきました。

ニャンジャリアンとは、ニャンジャタウンに住む猫ちゃんたちのことを言います。

しなもん

しなもん

毎日約10匹ぐらいの猫ちゃん達が、お出迎えしてくれるよ〜!

おすすめの時間帯

ニャンジャタウンには、おすすめの時間帯があります。

一番猫ちゃん達が活発なのは、午前中と夕方のおやつタイムの時間帯付近となり、お昼過ぎはほとんどの猫ちゃん達が眠っています。

逆に、眠っているねこちゃんの写真が撮影されたい方はお昼過ぎがいいでしょう。

おやつタイム時間

11:00〜、17:00
おやつタイムは、1日2回になります。

ニャンジャタウンの料金

ニャンジャタウン 利用券

魅力たっぷりの、ニャンジャタウン。実際にどのくらいの料金がかかるのかを紹介していきます。

ニャンジャタウンの利用には、最低限

ナンジャタウンの入園料金+ニャンジャタウンの施設利用料金

が、必要となります。

施設利用料金

ニャンジャタウンの施設利用料金は、

1時間 800円(税込)

  • 3歳以下無料
  • 子供料金無し
  • 12歳以下の方は、18歳以上の保護者の同伴が必要
  • 1時間以上の利用は不可

となります。

オプションで、数量限定のねこ用おやつやおもちゃも購入可能です。

オプション
  • ねこのおやつ(まぐろ) 300円
  • ねこのおやつ(かつお) 300円
  • ねこのおやつ(チキン) 300円
  • ねこじゃらし 300円

おやつタイムでしか、おやつは購入できないので注意

【おやつタイム】11:00~,17:00~

別途ナンジャタウンの入場料も必要!

ナンジャタウン 入場券

ニャンジャタウンはナンジャタウン内にあるので、別途ナンジャタウンの入場チケットもしくはフリーパスの購入が必要となります。

ナンジャタウン料金
  • ナンジャパスポート(フリーパス)
    大人:3500円 子供:2800円
  • ナイトパスポート(17時以降フリーパス)
    大人:1800円 子供:1500円
  • 入園券
    大人:800円 子供:500円

※子供(4歳〜12歳)

ニャンジャタウンのみ利用したい場合でも、
ナンジャタウンの入園券800円+ニャンジャタウン利用料800円=合計1,600円がかかります。

1,600円という金額だけ見ると、相場よりかなり高く感じます。

しかし、その分ナンジャタウンで食事や遊びを楽しむことも可能。ナンジャタウンのコラボイベントや、お子様連れで遊びに行く予定がある時にニャンジャタウンに行くのが一番お得です。

しなもん

しなもん

もったいないから、ナンジャタウンもめいいっぱい楽しもう!

3つのお得サービス

ニャンジャタウン お得なサービス

ニャンジャタウンには、3つのお得なサービスがあります。サービスを利用して、お得に利用しましょう。

①にゃんこの日サービス

2の付く日はにゃんこの日サービスがあり、施設利用料が安くなります。

対象日:毎月2、12、22日
施設利用料:1時間800円→700円に

②Happy10サービス

使用済みの施設利用券を10枚集めると、1時間無料で利用可能。
※半年以内の利用券のみ有効

③Birthdayサービス

利用者本人が誕生日の場合、生年月日を証明できるものの提示で1時間無料で利用可能。

しなもん

しなもん

ニャンジャタウンをお得に楽しもう!

ニャンジャタウンへのアクセス

ニャンジャタウンは、 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル2Fにあるナンジャタウンから入場できます。

アクセス
  • 池袋駅から徒歩約8分
  • 有楽町線東池袋駅から徒歩約3分(直結)
  • 首都高5号池袋線 東池袋インターより直結

ニャンジャタウンの利用料金の他に、ナンジャタウンの入場料金(大人13歳以上 800円/こども4~12歳 500円)が発生します。

ニャンジャタウン詳細

店名猫のふれあいパーク
「ニャンジャタウン」
TEL03-6914-1782
住所東京都豊島区東池袋3-1-3
サンシャインシティ
ワールドインポートマートビル2F
ナンジャタウン内
アクセスJR池袋駅東口から徒歩8分
有楽町線東池袋駅より徒歩3分(直結)
営業時間平日11:00~20:00
土日祝10:00~20:00
※最終入園19:00
定休日ナンジャタウンの休みに準ずる
禁煙・喫煙全面禁煙
駐車場あり(サンシャインシティ駐車場)
HPhttps://event.bandainamco-am.co.jp/namja/nyamjatown/

魅力たっぷりのニャンジャリアン達に会いに行こう!

以上、
ニャンジャタウンの施設案内、料金やおすすめの時間帯を紹介でした。
可愛い猫ちゃん達と触れ合えると同時に、ナンジャタウンも楽しめるので一石二鳥の施設となります。

魅力たっぷりの愛らしい、ニャンジャリアンたちにぜひ会いに行ってみてくださいね。

最後にポイントをおさらいしてみましょう!

POINT
  • 有楽町東池袋から徒歩3分
  • 店舗は、サンシャインシティにあるナンジャタウン内
  • 池袋の東急ハンズにあったねこぶくろの猫ちゃんがお引っ越し
  • 現在約30匹の猫ちゃん在籍
  • おやつタイムは、11時〜と17時〜の2回
  • 子連れOK
  • 施設利用料のほかにナンジャタウンの入園料が必要
しなもん

しなもん

池袋に住む二児のワーママ。
豊島区メインで子連れスポットやカフェ巡りが好き。
育休明けを機に、スキマ時間で情報ブログに挑戦中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です