池袋にある都内最新鋭の防災公園、イケ・サンパークの防災設備を徹底解説

5 min
しなもん

しなもん

こんにちは!イケサン倶楽部広報ボランティアのしなもんです!

2020年に新しくできた、豊島区内最大面積の公園「豊島区立 としまみどりの防災公園 イケ・サンパーク」!
キッズパーク・カフェ・犬のふれあい広場などもあり、毎日たくさんの方々が訪れる大人気の公園です。

何気なく訪れている人も多いかと思いますが、イケ・サンパークの本当の役割は【防災】

本記事では、普段気にしていなかった方も多いイケ・サンパークの防災設備を徹底解説していきます。

イケ・サンパーク 宇崎真里愛
お二人と回っていくよー!

今回、イケサン倶楽部の活動としてイケ・サンパーク広報大使の豊島区ぴーすUPがーる「宇崎真里愛」ちゃんと一緒に、イケ・サンパーク所長の村田さんに防災設備を説明していただきます。

しなもん

しなもん

二人ともよろしくね〜!それでは、いってみよー!

イケサン倶楽部とは?

イケサン倶楽部は、2021年6月に発足されたイケ・サンパークのボランティア会です。

  • G1(維持管理)
  • G2(利用促進)
  • G3(普及促進)

の、3グループにわかれて地域の皆様と友好的なふれあいのある公園づくりを目指していきます。※会を立ち上げたばかりなので、当面の間公募は行っておりません

詳細はこちら↓

しなもん

しなもん

現在、厳選メンバー6名で活動中!

イケサンパークの防災設備

イケ・サンパーク 防災設備
紹介する設備は計8個!

この記事では、計8箇所の防災設備を紹介していきます!

イケ・サンパークは防災公園であり、災害時に避難所(小学校や区民体育館など)の準備ができるまでの、一時避難所になります。(2,500人収容可能)

避難された方の移動が済みしだい、物資の供給や手助けとなる災害時のメイン拠点に切り替わります。

しなもん

しなもん

ヘリポートがあるのは、拠点の役割のためだったんだね〜!

イケ・サンパークの防災設備は都内トップクラスとなっており、安心安全。
設備を知っておくことで、いざと言う時も焦らず「ここに来れば大丈夫!」と感じていいただけると思います。

では、さっそく各設備をみていきましょう!

①非常用トイレ

イケ・サンパーク 防災設備 非常用トイレ
カフェの裏に非常用トイレ

公園のメイン入口から入ってすぐ右手の道を入ると、非常用トイレ(カフェ裏)があります。
ぱっと見た感じは、トイレがどこにあるかわからない用になっている点がまさに非常用!

しなもん

しなもん

トイレのマークが確かにないね。

トイレのマークですが、実は非常時に上から別マークを貼るシステムになっています。

イケ・サンパーク 防災設備 非常用トイレ4
トイレの中はこんな感じ

中に入ってみると、非常用とは思えない広々とした通路が広がっていました。
照明もあたたかみのあるものが使用されており、落ち着いた空間演出。

壁の奥は、女性用トイレとなっており15機のトイレ(男性用が6機)が設置されています。

イケ・サンパーク 防災設備 非常用トイレ5
狭くもなく普段のトイレとほぼ一緒

ウォシュレットは流石に無いですが、水洗トイレになっていました。

発電機


また、発電装置もあるので停電になったとしても72時間は電気が使用可能。

イケ・サンパーク 防災設備 非常用トイレ6
洗面台もおしゃれ

普通、非常用のトイレだとマンホールトイレが多いのですが、イケ・サンパークでは独立したトイレがあるのが嬉しいですね。

しなもん

しなもん

非常時こそ落ち着ける場所を提供したいという、心遣いを感じます。

②備蓄倉庫

イケ・サンパーク 防災設備 備蓄倉庫
普段は臨時駐輪場

続いて、備蓄倉庫の紹介です!

こちらの倉庫は非常用トイレの左隣にあり、非常時に必要な備品などのストックが置かれています

中の様子は公開できませんが、中は思ってた以上に広めでした。
緊急時など、たくさん搬入があっても問題はなさそうです。

一階奥には、巨大テントが18張りとテントや芝生の上などに敷く用のマットが400枚おかれていました。
広い公園なので、このぐらいの量になるのも頷けます。

普段、イケ・サンパークのイベントで使用している物などもこちらに置かれており、ファーマーズマーケットで野菜や果物など飲食系を販売される方用に用意されている大型の冷蔵庫などが設置されていました。

しなもん

しなもん

常温ではなく、冷蔵保存なので安心安全!


もしもに備え、万全の準備がされており非常に安心感がある備蓄倉庫となっていました!

③かまどベンチ

イケ・サンパーク 防災設備 かまどベンチ
見た感じただのベンチ

気づいていない方もいるかと思いますが、実はこのベンチ収納になっています。

中をあけてみると・・・・

イケ・サンパーク 防災設備 かまどベンチ2
ん?

何かが入っていますが、まだよくわかりません。

組み立ててみると・・・

イケ・サンパーク 防災設備 かまどベンチ3
ジャーン!!

なんと、即席かまどが出来上がり!

非常時の炊き出しや、火を使用する時に使用するためのセットが、8基用意されています。

しなもん

しなもん

何気ないところにも、防災グッズが準備されてるんだね!

④防災樹

イケ・サンパーク 防災設備 防塞樹
何もしらないと、ただのおしゃれ小道

この小道に植えられている木は、シラカシという火にとっても強い木です。

ここは、被災時の一時避難所&拠点をかねているので、火災などあった時に守らなくてはなりません。なので、公園の外側をこの木で囲むことで、近隣住宅が火災になっても延焼防止になる仕組みになっています。

ただ、この木はこう見えてまだ赤ちゃんで、大人の木になるには最低5年がかかるそうです。

しなもん

しなもん

どんぐりも出来るんだよ〜!楽しみだね!

⑤深井戸

イケ・サンパーク 防災設備 深井戸

実は、イケ・サンパークには深井戸も準備されています。

この深井戸は、6,500m2あるイケサンパークの地下200mの深さまで掘られており、ここから水をくみあげることで、火災時の放水や生活雑用水など多種多様に利用可能です。

ポンプが組み上げる量は、毎分約2立方メートルもあり発電設備を電源としているので停電になっても使用することができます。

しなもん

しなもん

2立方メートルは、1リットルの牛乳2000本分!凄いね!

イケ・サンパーク 防災設備 放水

深井戸を使用して放水イベントもありました

⑥応急給水施設

イケ・サンパーク 防災設備 応急給水施設
さっきの、お水と何が違うのかな?

つづいて、応急給水槽!
さきほどの、深井戸は災害時の生活雑用水や放水などに使用されますが、こちらのお水は飲料水です。

2500人収容できることもあり、なんと100tものお水が貯水されています。

しなもん

しなもん

深井戸のお水とは用途が別になってるよ!

マンホールをみると、どのマンホールがどのお水用か判別することができます。

イケ・サンパーク 防災設備 入孔室

応急給水槽

イケ・サンパーク 防災設備 入孔室2

深井戸

Point!

深井戸と応急給水施設の管理は別々

深井戸:消防庁
応急給水施設:水道局

⑦大型車両用スペース

イケ・サンパーク 防災設備 大型車両スペース
大型車両もばっちりの地面!

災害時には、大型トラックや消防車/救急車なども乗り入れる事を考え、頑丈にかためてあります。

大型車両が乗り入れても、簡単に崩れないよう大丈夫な作りになっており10tの車両まで耐えることが可能です。

イケ・サンパーク 防災設備 消防車

消防車も問題なし!

しなもん

しなもん

他の地面も2tまでは耐えれるようになってるよー!

⑧ヘリポート

イケ・サンパーク 防災設備 ヘリポート

実は、芝生広場の真ん中には見えませんがヘリポートがあります。
ヘリポート部分の土は、深く掘られ頑丈にかたかためられているため、安全にヘリコプターも着陸することができます。

土がかたいと芝生が生育不良になるので、ヘリポート部分の芝生には多めに肥料を与えているそうです。

しなもん

しなもん

周りの芝生と違和感ないように、均等に育てられているんだね。

この白いパーツがヘリポートの目標。
探してみてね!

過去には実際にヘリが着陸するイベントも

その他の見どころ

ヤマモモ

イケ・サンパーク 記念樹
記念樹

今イケ・サンパークがある場所は、以前まで造幣局という硬貨などを作るところでした。
この木は、造幣局ができて100年経った時に植えられた記念樹になります。

今は、公園になっていますが現在もきれいに残されています。

しなもん

しなもん

50年の記念樹も園内にあるから、探してみよう!

ソメイヨシノ

イケ・サンパーク ソメイヨシノ

約80年ほど前の造幣局時代から植えられている桜で、イケ・サンパークのシンボル。
満開時はとても美しく、夜間にはライトアップされ幻想的な光景に。

周りがベンチになっていますが、これもこの桜を守る設計になっているんです。

屋上

イケ・サンパーク 屋上 緑地
何かが育っていました

実は、イケ・サンパークの管理事務所がある建物には、屋上があります。

裏手の花壇側にハシゴがあり、そこから屋上に行くことができました。
登ってみると、一面緑!!

誰にもみられない場所なのに、屋上緑化されていました。
環境にも気を使っていることがわかります。

イケ・サンパーク 
屋上からの眺めは最高

屋上からの眺めはとても良く公園内を一望できます。
上からみると、より一層広く見え豊島区一の敷地面積をもつ公園というのも頷けます。

そんな、緑あふれる防災公園へはどうやって行くかをみてみましょう。

アクセス

IKEBUS
公園内に停車する赤くて可愛いIKEBUS!

区内最大面積の防災公園「IKE•SUN PARK(イケ・サンパーク)」の最寄りは、有楽町線「東池袋駅」、バスなら池袋駅からIKEBUSがオススメ。

IKEBUSとは、池袋駅周辺の公園や賑わい施設を回遊する乗り物です。

アクセス詳細
  • 東京メトロ有楽町線「東池袋駅」下車6番出口から徒歩5分
  • IKEBUS(A・Bルート)「IKE・SUNPARK」下車徒歩0分
  • 都電(さくらトラム)「東池袋四丁目駅」下車徒歩5分
  • 都バス(池86)「池袋サンシャインシティ」下車徒歩3分
  • 国際興業バス(池07)「サンシャインシティ南」下車徒歩3分
  • JR「大塚駅」南口から徒歩10分
  • JR「池袋駅」東口から徒歩15分

駐車場はないので公共交通機関、または近隣のコインパーキングの利用を!

イケ・サンパーク詳細

店名豊島区立 としまみどりの防災公園
(IKE・SUNPARK イケ・サンパーク)
TEL03-6914-1782
住所東京都豊島区東池袋4丁目42
アクセス地下鉄有楽町線
東池袋駅 6番出口 徒歩5分
JR池袋駅東口から徒歩15分
営業時間5時~22時
(公園管理事務所8時~17時)
定休日年中無休
禁煙・喫煙全面禁煙
駐車場なし(駐輪場あり)
Twitterhttps://twitter.com/ikesunpark
HPhttps://ikesunpark.jp/

イケ・サンパークは、安心安全な防災公園

イケ・サンパーク 宇崎真理愛

「豊島区立としまみどりの防災公園イケ・サンパーク」の普段は見ることが出来ない裏側も含め、計8箇所の防災設備紹介でした

遊んだりカフェにくるだけの公園ではなく、豊島区民の方の命を守ってくれる心強い味方。
設備を簡単にでも頭に入れておけば、いざという時も安心感がありますね。

次、イケ・サンパークに来られる時は、ぜひ防災設備を思い出しながら公園内を一周してみてください。

しなもん

しなもん

村田さん、真里愛ちゃん設備案内ありがと〜!

最後にポイントをおさらいしてみましょう!

POINT
  • 防災設備は都内トップクラス!
  • 災害時の収容人数2500名
  • 一時避難所のあとは、防災拠点になる
  • 敷地面積は豊島区の公園で一番広い

イケサンパーク広報大使の宇崎真里愛ちゃんと所長の村田さんが、動画で防災設備の紹介もしてくれていますので、ご覧になりたい方はチェック!

イケサンパークには、まだまだ魅力がいっぱい!
キッズパークとオシャレカフェもあるので、興味がある方はこちらもご覧ください。

しなもん

しなもん

池袋に住む二児のワーママ。
豊島区メインで子連れスポットやカフェ巡りが好き。
育休明けを機に、スキマ時間で情報ブログに挑戦中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です